So-net無料ブログ作成

「父親に禁煙してもらおう」女子高で禁煙啓発の特別授業を開催(医療介護CBニュース)

 6月20日の父の日を前に、父親など身近な人に禁煙を促してもらおうと、ファイザーは17日、東京都内の女子高で禁煙啓発の特別授業を開催した。ゲストとして登場した俳優の舘ひろし氏は、約40人の生徒を前に自身の禁煙経験を振り返り、周りの人が禁煙を支えてあげる大切さなどを語った。


 授業では、ケイアイ秋葉原クリニック院長の熊丸裕也氏が、たばこの有害性や簡単にやめられなくなるニコチン依存症について解説。禁煙したくてもできない人には、医療機関での禁煙治療があり、一定の要件を満たせば保険診療になるほか、医師のアドバイスをもらえるなどの利点があると紹介した。
 また、禁煙補助剤の選択に関して、「ニコチン依存症から離脱するのにニコチンを使うのはあまりいい方法だとは思わない」とした一方、「ニコチンの作用そのものを止める効果がある飲み薬は、楽に禁煙できるのでお勧めしたい」と述べた。

 このほど40年間の喫煙生活にピリオドを打った舘氏は、自身の経験を振り返り、「わたしは飲み薬でやめたが、無理をせずにやめられたのでよかった」「禁煙の成功には、家族や周りの人が言葉や態度でサポートすることが大切だ」などと話した。

 授業の終わり、たばこをやめてほしい身近な喫煙者にあてて生徒らが書いた禁煙応援メッセージには、父親へのものが多く、舘氏は「娘と距離を感じているお父さんも多いと思うが、こうしてお父さんのことを心配している。愛していることが分かって、うれしい気持ちになった」と感想を述べた。


【関連記事】
喫煙する父を持つ娘の85%が「吸わないで」
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上
喫煙率、男性は減少傾向、女性は30、40歳代で増加傾向
COPD、予防・早期発見で課題―厚労省検討会が初会合
禁煙補助薬の精神症状を「警告」―ファイザーが添付文書改訂

タイで拘束の男逮捕=不法入国助けた疑い―千葉県警(時事通信)
<はやぶさ>JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
500万人の雇用創出=法人税「主要国並みに下げ」―政府、新成長戦略を決定(時事通信)
カルテ開示、費用がネック=手数料1万円も、市民団体調査(時事通信)
「心の病」で労災234人=申請者数は過去最多―厚労省(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。