So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「父親に禁煙してもらおう」女子高で禁煙啓発の特別授業を開催(医療介護CBニュース)

 6月20日の父の日を前に、父親など身近な人に禁煙を促してもらおうと、ファイザーは17日、東京都内の女子高で禁煙啓発の特別授業を開催した。ゲストとして登場した俳優の舘ひろし氏は、約40人の生徒を前に自身の禁煙経験を振り返り、周りの人が禁煙を支えてあげる大切さなどを語った。


 授業では、ケイアイ秋葉原クリニック院長の熊丸裕也氏が、たばこの有害性や簡単にやめられなくなるニコチン依存症について解説。禁煙したくてもできない人には、医療機関での禁煙治療があり、一定の要件を満たせば保険診療になるほか、医師のアドバイスをもらえるなどの利点があると紹介した。
 また、禁煙補助剤の選択に関して、「ニコチン依存症から離脱するのにニコチンを使うのはあまりいい方法だとは思わない」とした一方、「ニコチンの作用そのものを止める効果がある飲み薬は、楽に禁煙できるのでお勧めしたい」と述べた。

 このほど40年間の喫煙生活にピリオドを打った舘氏は、自身の経験を振り返り、「わたしは飲み薬でやめたが、無理をせずにやめられたのでよかった」「禁煙の成功には、家族や周りの人が言葉や態度でサポートすることが大切だ」などと話した。

 授業の終わり、たばこをやめてほしい身近な喫煙者にあてて生徒らが書いた禁煙応援メッセージには、父親へのものが多く、舘氏は「娘と距離を感じているお父さんも多いと思うが、こうしてお父さんのことを心配している。愛していることが分かって、うれしい気持ちになった」と感想を述べた。


【関連記事】
喫煙する父を持つ娘の85%が「吸わないで」
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上
喫煙率、男性は減少傾向、女性は30、40歳代で増加傾向
COPD、予防・早期発見で課題―厚労省検討会が初会合
禁煙補助薬の精神症状を「警告」―ファイザーが添付文書改訂

タイで拘束の男逮捕=不法入国助けた疑い―千葉県警(時事通信)
<はやぶさ>JAXA教授「神がかり的だった」…任務完了(毎日新聞)
500万人の雇用創出=法人税「主要国並みに下げ」―政府、新成長戦略を決定(時事通信)
カルテ開示、費用がネック=手数料1万円も、市民団体調査(時事通信)
「心の病」で労災234人=申請者数は過去最多―厚労省(時事通信)

教師らに大規模アンケート=資質向上策検討に活用―文科省、4万人超と関係団体に(時事通信)

 文部科学省は教員の資質向上策について、現役教師ら関係者4万3000人と、教員養成課程がある国公私立大学や教育委員会といった約2800団体を対象にした大規模アンケート調査を近く実施する。現在の教員免許更新制度や研修の在り方などについて幅広く関係者の意見を聞く。同省によると、教員関係施策に関し、これだけ大規模なアンケート調査を行うのは初めて。
 調査対象は、公立小中高校などの現役教員2万人、学校長1万人、保護者1万人、教員を目指す学生3000人のほか、教員養成課程を設けている全国の864大学と都道府県・市町村の1935教育委員会。月内に質問用紙を発送する。 

【関連ニュース】
ハーグ条約でアンケート調査=外務省
新人キャリアも心中さまざま=政治主導の幹部人事に
ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新
海外市場、過半数が重視=リストラ志向から転換へ
企業の資金需要改善=5期ぶり

はやぶさ君 人気加速 13日に地球帰還(毎日新聞)
<気象庁>震度速報が未配信 (毎日新聞)
<鉄道事故>大声、ベルで乗客連携 ホームすき間に転落の酔客救う(毎日新聞)
<木村カエラさん>瑛太さんと結婚へ(毎日新聞)
<足湯>バス停で和気あいあい(毎日新聞)

<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)

 かつては観賞用や緑化用に利用され、現在は特定外来生物に指定されている北米原産のオオキンケイギクが、木曽川流域などで生い茂り、在来種への影響が懸念されている。繁殖力が強く国土交通省は対応に苦慮。職員が駆除作業を進めてきたが、外来生物に対する住民理解を高めるため、今月初めて住民参加型の駆除活動に乗り出す。【福島祥】

 岐阜県各務原市の国営木曽三川公園かさだ広場では、毎年5月ごろ、オオキンケイギクの黄色い花が広がる。同市などによると、かつては初夏の風物詩として親しまれ、旧川島町時代には「オオキンケイギク祭り」が開かれていた。04年の合併後は「かさだ広場フラワーフェスタ」として同市が祭りを継承。しかし、06年にオオキンケイギクが特定外来生物に指定され中止になった。

 オオキンケイギクは北米原産で、高さ30〜70センチに育つ。国交省木曽川上流河川事務所によると、道路ののり面の緑化に多用され、河川敷や鉄道の線路わきなどで野生化した。同省の90〜95年度の「河川水辺の国勢調査」では、調査対象78河川のうち19河川(24・4%)の河原でオオキンケイギクが自生。01〜05年度の調査では121河川中86河川(71・1%)に拡大した。

 オオキンケイギクは繁殖力が強く背丈が高いため、カワラサイコやカワラナデシコといった在来種を減少させてしまう。同事務所はオオキンケイギクの種が拡散しないよう開花時期に抜き取って駆除する作業を続けており、「ここ数年は拡散を止めている」という。

 同広場で06年度から進めている植生管理実験では、オオキンケイギクを減らすと在来種が回復するという効果を確認。10月に名古屋市で開かれる生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に合わせ、住民参加型の駆除作業実施を決めた。

 同事務所は「身近な河原環境の現況を知ってもらい、外来種対策や河川植物の保全に理解と協力を求めたい」としている。抜き取り作業は29日午前9時〜正午に行う予定。

 【ことば】特定外来生物

 国外から持ち込まれた動植物で、生態系や人の生命、農林水産業に被害を及ぼす生き物、その危険性のある生き物が、外来生物法に基づき指定される。2月現在の指定種は97種類。輸入や飼育、栽培は原則禁止。同法に違反すると、個人には3年以下の懲役か300万円以下の罰金、法人には1億円以下の罰金が科せられる。

【関連ニュース】
琵琶湖:ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発
生物多様性の日:富士山麓で外来種駆除
遺伝子組み換えナタネ:港から国道沿いに自生 愛知で確認
タンポポ:西日本で広域調査 一般参加を呼び掛け
国連報告書:脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割

少子化問題、雇用の安定へ有期契約の正社員を 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
皇居ランナーが自転車と接触、女性軽傷(産経新聞)
八街放火殺人容疑の男、当日に滞納家賃支払う(読売新聞)
民族の矜持を踏みにじる…NHKこそ「人間動物園」ではないのか(産経新聞)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)

雑記帳 鉄ちゃん向け「婚活トレイン」運行 JR小海線(毎日新聞)

 八ケ岳を望む高原鉄道として人気の高いJR小海線の車両を借り切り、鉄道好きの男女の出会いの場としようと「婚活トレイン」が6月20日に運行される。

 参加資格は「25〜40歳くらいの未婚の男女」。エンジンと電池を併用する最新型のハイブリッド車両=写真=が、小淵沢(山梨県北杜市)−小諸(長野県小諸市)間を4時間半かけて往復し、「鉄道トーク」「鉄道クイズ」などを楽しむ。

 企画した北杜市のペンション経営、多賀純夫さん(0551・32・5888)は「日本一楽しい列車に全国の鉄ちゃん、鉄子よ集まれ」。個性ある“ハイブリッドカップル”は生まれるか。【春増翔太】

【関連ニュース】
JR旅客:6社が夏の臨時列車運行計画 本数は抑え気味
仮面ライダー電王:東京メトロ・銀座線に「デンライナー」登場 3〜9日運行
JR旅客6社:夏の臨時列車、前年比8%減
我輩はたまである ローカル線の猫駅長/2
EF510:JR旅客初の新型電気機関車を公開 寝台特急用

<非正規雇用>「派遣法改正を」若者と女性が集会(毎日新聞)
金融界の主張、「やくざと一緒」=郵政見直しへの批判で―亀井氏(時事通信)
脱派閥へ自民若手ら新グループ(産経新聞)
<淀川女性遺体>宇野さんの養父自殺 外出先から不明に(毎日新聞)
口蹄疫対策、支援に努力=東国原知事と会談−平野官房長官(時事通信)

死体遺棄 草むらに男性遺体 愛知・半田(毎日新聞)

 8日午前9時40分ごろ、愛知県半田市馬捨町の知多横断道路側道脇の草むらで、同市板山町の会社員、山本博三さん(50)が鼻などから血を流してあおむけに倒れているのをジョギング中の消防署員が見つけ、119番通報した。山本さんは既に死亡していた。靴を履いていないことや現場の状況から、県警半田署は死体遺棄事件と断定し、捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、検視の結果、山本さんは死後4〜8時間が経過。鼻と口から出血し、顔や手の指などに擦り傷があったが、致命傷になるような外傷はなかった。着ていた黒色のジャンパーなど服装に大きな乱れはなく、遺体や現場周辺にはひき逃げされたような跡はないという。山本さんのものとみられる運動靴が遺体近くと約20メートル離れた草むらで片方ずつ見つかった。ポケットには1000円札や小銭、携帯電話などが残っていた。捜査本部は9日午後に司法解剖を行い、死因の特定を進める。

 山本さんは独身で両親と3人暮らし。勤務する愛知県武豊町の自動車販売会社を7日午後9時半ごろ退社したのが確認されたが、家族によると帰宅したかは不明。山本さんは心臓を患った後、2年ほど前から現場近くの運動公園まで散歩するようになったという。

 山本さんの自宅前で弟は報道陣に「兄は正義感が強くまじめだった。なぜこうなったのかわからない」と話した。幼なじみの主婦(50)は「明るい人だったのに」と驚いていた。

 現場は山本さんの自宅から北東約2キロ。早朝にウオーキングする人が多い場所という。【河部修志、山口知、沢田勇、高木香奈、鈴木泰広】

【関連ニュース】
御殿場女性遺体:元夫の暴力、2月に児相に相談
死体遺棄:元夫と同居のマンション捜索 静岡
死体遺棄:竹林から男性の白骨 川崎
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野
スーツケース遺体:男が出頭、関与ほのめかす…石川県警

診療行為別調査を15日から開始―保団連(医療介護CBニュース)
木村嘉子さんの抽象画を誤って廃棄? 大阪府立現代美術センター(産経新聞)
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向(産経新聞)
<NPT会議>藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
漫画家協会賞大賞に安部、鮎沢両氏(時事通信)

「帰化」発言の撤回を拒否=福島社民党首に反論−石原都知事(時事通信)

 東京都の石原慎太郎知事は23日の記者会見で、社民党の福島瑞穂党首が「与党幹部には親などが帰化した人が多い」との同知事の発言撤回を求めていることについて、「わたしは彼女を特定したわけではない。総論として言った」と反論し、発言を撤回しない考えを明らかにした。
 また、舛添要一前厚生労働相らが旗揚げした「新党改革」など、新党を結成する動きが続いていることには「そういう(新党の)連合体が参議院の選挙の寸前に生まれていくべきだと思うし、わたしもその努力をしたいと思う」と表明。各新党が「第三極」の結集に向けて連携するよう、積極的に働き掛ける考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

<化石>アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
最高裁で免職取り消し県職員、改めて停職処分(読売新聞)
名門高校野球部員お手柄=逃走男取り押さえる−強盗未遂容疑・警視庁(時事通信)
<つくばみらい市長選>片庭氏が初当選 茨城(毎日新聞)
<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)

搭乗求め大混雑=欧州行き出発便カウンター−成田空港(時事通信)

 アイスランドの火山噴火の影響で、成田空港の欧州便運航予定の航空会社のチェックインカウンターは20日午前、搭乗を求める大勢の客が詰め掛け大混雑した。
 19日に運航予定だったのを急きょ欠航させたため混乱したオーストリア航空では、20日午前の便の出発が遅れた上、19日以前に搭乗予定だった客を優先的にチェックインさせたため、多くの旅行客が集まった。
 ウィーン留学中の娘のコンサートを見に行くという兵庫県三田市の主婦森真理さん(52)は「以前の客を優先的に乗せるから乗れない可能性があると言われた。ちゃんときょうの搭乗券があるのに冗談じゃない」と憤慨した様子。
 東京などを観光したオーストリア人銀行員ドリス・カインツさんは「もう2時間も並んでいる。家に帰りたい。きょう飛ばなかったら、成田でまたホテルに泊まらなければならない」とうんざりしながら話した。
 19日から運航を再開したイタリア・アリタリア航空でも、折り返しとなる便の到着が遅れたためローマ行きの便の出発が2時間ほど遅延。カウンター前には、大きな荷物を抱えた百数十人の外国人客らが手持ちぶさたで待っていた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真ニュース〕「フライトうれしかった」=帰国の乗客
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

400系つばさ、ラストラン=初代山形新幹線、ファンら別れ惜しむ(時事通信)
日航再建で16日に視察=衆院国交委、情報開示も要望(時事通信)
「大阪都で日本牽引」 橋下新党「維新の会」発足(産経新聞)
影武者欲しい? 桜を見る会で、首相がそっくりさんと握手(産経新聞)
橋下府知事「僕の大号令が必要」 市町村への権限移譲(産経新聞)

宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)

 宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で17日、第98期生40人の入学式があり、タカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。倍率25.7倍の難関を突破した新入生たちは、グレーの上下に赤いちょうネクタイという伝統の制服に身を包み、晴れやかな笑顔で臨んだ。

【関連写真特集】サクラ咲く! 宝塚音楽学校で合格発表 2010年3月

 岩崎文夫校長が「伝統を受け継ぎ、厳しい学校生活を乗り切って一層輝いてほしい」と激励。新入生総代の林枝里香さんは「立派な舞台人になるよう精進します」と述べた。新入生は在校生から竪琴(たてごと)のデザインが入った校章を胸に付けてもらうと表情が引き締まった。2年間の学校生活でバレエや声楽などの基礎を身につけ、12年春の舞台デビューを目指す。【山衛守剛】

【関連ニュース】
【写真特集】宝塚音楽学校:第96期生38人、紋付きはかま姿で卒業式 2010年3月
<特集>すみれ便り
見つめたい:タカラヅカ歳時記/最終回 「夢を見る力」=小池修一郎
タカラヅカ歳時記:/10 “横綱”たちのその後=小池修一郎
感じたい:ピックアップ 水夏希 「ベルばら」に育てられ、男役に全力の花道

改正道交法 70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」(産経新聞)
ペーパーショウ 紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
全額公費で集団接種 栃木・大田原 小6子宮頸がん予防(産経新聞)

星川清司さん、08年に死去=実は5歳年長で直木賞受賞最高齢に(時事通信)

 直木賞作家で脚本家の星川清司(ほしかわ・せいじ、本名清=きよし=)さんが2008年7月25日に肺炎のため東京都内の病院で死去していたことが9日、分かった。86歳だった。
 星川さんは東京都出身。映画「眠狂四郎」シリーズなどの脚本を書いたほか、小説「小伝抄」で1990年に直木賞を受賞した。
 家族によると、これまで生年を26年と公表してきたが、実は21年で、同賞受賞時は68歳だった。日本文学振興会によると、65歳で受賞した古川薫さんの最年長記録を更新することになるという。 

【関連ニュース】
清水一行さん死去=「動脈列島」など経済小説
西島大氏死去(劇作家)
小出保子さん死去(絵本作家)
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去

鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)
JR不採用、和解金2200万…政府案決着(読売新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
独禁法違反の課徴金、過去最高の360億円(読売新聞)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。