So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

水俣病集団訴訟、熊本地裁が和解勧告(読売新聞)

 水俣病と認定されていない被害者らでつくる水俣病不知火患者会(熊本県水俣市、原告2018人)が、国、熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が22日午前、熊本地裁で開かれ、高橋亮介裁判長は、和解を勧告した。

 原告、被告とも勧告を受け入れ、同日午後、和解協議に入る。

 水俣病を巡る訴訟で、国が和解のテーブルにつくのは初めて。和解協議では、チッソが被害者に支払う一時金や、国が負担する毎月の療養手当の額、対象者の診断方法、症状の範囲などが争点となる。

神戸の女性不明で捜索 40代男「京都に遺体捨てた」 兵庫県警(産経新聞)
ハイチ大地震 医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
「食事が遅い」7歳長男を殴られ死亡 東京(産経新聞)
首相動静(1月17日)(時事通信)
「(無実と思ったことは)ないです」元検事、当時の認識きっぱり 足利再審(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。